髪型で悩む

髪の長さが中途半端

髪の長さが中途半端

よく美容師さんにも言われると思うのですが、髪の長さによっては、はねやすい長さ、と言うのがあるようですね。つまり短い時にははねないし、長く伸びた時にも跳ねないけれども、中途半端な長さの時にははねるのが気になる、と言う事が良く起こります。このケースはカットとかトリートメントなどの方法では、なかなかはねるのを防ぐことは難しいようです。一番はねやすい長さというのは、肩のあたりに毛先が来る時です。肩から2〜3センチぐらい上になったころからよくはねるようになります。それをすぎて鎖骨のあたりの長さになると、落ち着く様です。もしも鎖骨よりも長いロングを目指しているのであれば、それまでの辛抱だと思った方が良いですね。よく美容師さんも言うと思うのですが、「肩のあたりまで」と言う長さでオーダーすると、その長さだとはねやすいからもう少し短くしませんか?とか長くしませんか?と勧められると思います。もしもロングヘアを目指していて、どうしてもへねる長さの時期が耐えられない、と言う人は、その時期だけ柏 ネイルサロン毛先にパーマをかける、と言う方法も有ります。毛先に動きがでて、軽い感じになりますから、イメージチェンジにも良いでしょう。その時期だけですから、軽めのパーマにしてもらった方が良いですね。その方が傷みも少なくて済みます。寝ぐせが着いてしまうと、翌日のスタイリングの時にまたドライヤーを使ってクセを直そうとしたり、コテなどで無理やりまっすぐにしたり、とまた髪を傷めてしまう原因になりそうなことをしなくてはいけませんよね。出来るだけ寝癖が着かないようなドライヤーのかけ方をしておくと、朝起きた時のくせの感じが落ち着いていたり、治しやすかったりするようです。たとえば、常に「片方の髪だけは寝る」とか「同じところに変な分け目が着いてしまう」というクセのある人がいると思います。そういう人はそのくせの原因はもともと自分が持っている頭の骨格のゆがみが原因であることが多いようです。凹んでいたりするとその部分に映える髪の毛は他の髪の毛とは違う角度で生えてくることがあり、その違う角度は毛先に行くほど角度が広くなっているので、他の髪とはちがった方向を向いてしまうわけです。ですから髪を乾かす時に、その部分の髪の根元を、他の髪の毛が向いている方向と同じ方向になるのように、クセを付けて乾かすとよいのです。コツとしては、かならず頭蓋骨に対して垂直にドライヤーを充てる事です。また変な分け目が気になる人は、分け目が着く部分の髪の毛を左右逆になる様に持ち上げて乾かすとよい、と言われています。右に流れる髪の毛なら左に引っ張りながら、左に流れる髪なら右側に引っ張りながら、と言う感じです。

ホーム RSS購読 サイトマップ