髪型で悩む

髪の毛が傷んでいる

髪の毛が傷んでいる

髪の毛がはねる大きな原因は、髪の毛が傷んでいるからだ、と言われています。みなさんも経験があると思うのですが、もともと直毛のはずなのに、髪の毛がうねって何度もかーぶしているような髪の毛が混ざっている事は無いですか?そういう髪の毛はどうしてもはねてしまいます。傷んでいる髪の毛というのは、水分量が足りない場合が殆どです。つまり乾燥しやすくなっている訳です。ですからそういうダメージヘアのうねりやはねをなるべく抑えようとするならば、保湿をしてやることがまず大切です。保湿の方法として一番有効なのはトリートメントをする事です。トリートメントはシャンプーの時に行うタイプのものと、ドライヤーの前に使う洗い流さないタイプのものがありますね。まずシャンプーをする時にお風呂の中で使う物は色々なタイプのものが販売されています。ダメージがひどい、と感じる時には「しっとり効果」とか「ダメージケア用」「クセ毛対応」などの効果がある物を選ぶようにしましょう。とにかく保湿がきちんとされるものを使う事が大切です。特にカラーリングやトパーマをしている人は、トリートメントは欠かせない、と思っていた方が良いです。合わせて洗い流さないタイプのものを使う事で、かなりはねが抑えられるはずです。特に年齢が気になり始めた方へのオススメなのですが、ドライヤーの前にトリートメントをする方が良いです。最近では洗い流さ煮タイプのトリートメントが色々な種類で販売されています。髪の毛にドライヤーを充てる、と言う事は、いずれにしても髪の毛に少なからずダメージを与えます。熱風を髪に充てる訳ですから決して髪の毛にとって良い事をしている、とは言えません。ですからその熱から髪の毛を守るためにもトリートメントをして髪の毛を守ってやることが必要になるんですね。髪の毛に熱が当りすぎると、髪の毛の表面のキューティクルが傷ついてしまう事があります。まずはドライヤーを髪の毛に近づけすぎない事もポイントになりますね。そしてトリートメントで髪の毛を守ると同時に、髪の毛の内部に浸透して水分も補給する、という役割も有るようです。各トリートメントによって、色々と働きも違うようですから、自分の髪質とか、目的とかに合わせて、自分に合ったトリートメントを選ぶようにしましょう。若い時には気にならなかったかもしれませんが、30代以降になると、綱島 美容室トリートメントをするのとしないのとでは、目に見えてツヤやハリが違うようです。また薄毛になることを防ぐことも出来る様なので、面倒くさがらずにぜひ習慣づけるとよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ