髪型で悩む

頭の形が絶壁

頭の形が絶壁

頭部の悩みとして多いのは、おでこの関係の事も有りますが、頭の骨格が絶壁であることで悩んでいる人もいるようですね。骨格が絶壁であることは、美容師さんは一度触ると見抜いてくれるものですから、心ある美容師さんなら、まずカットの時点で絶壁の部分にボリュームを持たせるようなカットをしてくれる事でしょう。カットで補正するだけでも随分とカバーできるものです。方法としては絶壁になっている部分よりも下の方のボリュームを落として、その部分がへこんでいるように見せる方法です。つまり絶壁である部分がいちばん膨らんでいるように見せる、と言う事ですね。カットだけではそのカバー方法が難しいほどの絶壁の場合には、さらにパーマをかける事で調整することができるでしょう。自分でスタイリングする時にの、その部分を意識してボリュームを持たせるようにするとよいのですが、パーマをかけてもらった時点で美容師さんにスタイリングの時のコツや注意点を聞いておくとよいですね。一晩寝てしまうと、ウェーブがぺちゃんこになってしまいがちです。ウェーブを元のボリュームに戻す方法と言うのも、習っておくとよいでしょう。絶壁というのは骨格の問題で、治す事は出来ませんが、ちゃんと相談できる美容師さんに出会えば、カバーしてくれるはずです。美容室代を節約したければ、少しでも新宿西口 美容室に行く理由と言うのを減らす方向に向ければよいわけです。みなさんは何を目的に美容室に行きますか?カット、パーマ、カラー、などですよね。この中でカットというのは、美容室に行かなくてはどうしようも有りません。人の髪はどうしても伸びてしまう物ですから、カットせずにはいられませんよね。ですがもちろん美容室にこだわる事は無くセルフカットとか、親や知人にカットしてもらう、と言う方法もあります。ですがやはり人に恥ずかしくない程度にキレイにしておこう、とおもうならば、美容室でのカットは譲れないでしょう。またカラーと言うのも、身だしなみとかコンプレックスなどを抱えている人にとっては、必要な事かもしれません。たとえばあまりにも白髪が多くて老けて見える人などは、カラーをしなくては、と思うのは当然でしょう。ではパーマはどうでしょうか?個人的に思うのは、もしもどれか一つ美容室に行く事を我慢するとしたら、それはパーマではないか、と考えます。パーマをクセ毛をストレートに治す、と言うのは、確かに生まれつきひどいクセ毛である場合には、気持ちは察しますが、大抵の場合、「こんな風にしてみた」「あんな風になりたい」という願望だけで、どうしてもしなくてはいけない、と言う物ではないかもしれません。パーマ代金を節約してパーマは当てないけれども、その代わりに、自分で出来る華やかに見えるスタイルなどを研究してみるのもたのしいかもしれません。

ホーム RSS購読 サイトマップ