髪型で悩む

髪型で悩む

狭いおでこ

おでこが広い人も髪型に悩むかもしれませんが、逆に狭すぎるおでこも悩みの種になってしまうようです。ですがこれも顔全体のバランスを髪の毛で作る事によって、悩みを解消することができるでしょう。おでこと言う部分は、サイドやバックと違って、どうしても鏡の前に立つと目に入ってしまう部分ですから、気になってしまうと思うのですが、逆に鏡の前に立つ時間に、色々と前髪をいじって、どうやったら一番バランスが良いか、という視点で見てみるとよいと思います。まず狭いおでこを少しでも広く見せるには、前髪を深めに作る事です。頭頂部の方から髪を持って来て前髪にするんですね。そうするとかなり前髪の部分に重点がおかれるので、おでこが狭い、と言う印象にはなりません。またこの奥から前髪を作る方法と言うのは、美容室 ヘアサロン 川口 カット カラー パーマ メンズ 人気顔全体を小顔に見せる効果も有ります。また前髪が常に浮いてしまう、と言う癖がある人が多いのですが、後ろの方から前髪を持ってくることによって、重さでそのくせが落ち着くことも多いのです。これら他の効果も出てくるので、ぜひ奥から前髪を持ってくる、と言う方法を試してみてほしいと思います。ただ、あまり上手くいかないときには、やはりプロのびようしさんに相談するのが良いですね。一度アドバイスしてもらえば、その先は自分でアレンジも出来る様になりますからね。
巻き髪スタイルの中でも、ゆるい感じの巻き髪は女性らしい感じがして素敵ですよね。ですが、このゆるい巻き髪、というのはきっちりと巻いた感じを出すよりも作るのもキープするのも難しい、と言われているようです。一般的に緩く巻いたスタイルというのはキープ力が弱い、と言われています。ですがらそもそもの地毛の髪質が固い感じの人はまずパーマをかけておいた方が、日々のスタイリングも楽ですし、カールをキープできる時間も長くなるようです。自分のしたい巻き髪にするなら、自分の髪質ならどんなパーマが良いか、と言う事を担当の美容師さんと相談してパーマをかけるとよいでしょう。また日々ゆるいカールを作るコツは、最初からゆるく巻く事を意識してまいていくと、よりキープ力の弱いカールになってしまいます。ですから、自分がしたいカールよりもかなり強めに巻いて強いカールを付けてから、それをブラシや手でほぐしていく、と言うやり方が良いと言われています。また作ったスタイルをよりキープさせようとして、スタイリング剤やスプレーを多めにつける人がいますが、これは逆効果です。油っぽくなったり重くなったりして、より早くスタイルが崩れてしまう事も有るので、スタイリング剤は適量を守って使うようにしましょう。

 

ナンバースリー
http://www.no3.co.jp/

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ